いくら個室待機だったとしてもネットカフェのブースのようなものなので、完全な個室ではありません。そのため、タバコについて考えなければならないのです。多くのデリヘルでは喫煙個室と禁煙個室を分けており、お互いが快適に過ごせるようになっています。さらに、個室が別れていなかったとしても、ベランダが喫煙所になっている場合も少なくありません。そのため、待機部屋が分煙されているかどうか、面接の段階で確認をしておきましょう。

また、喫煙者はタバコのニオイに注意してください。お客さんの中にタバコ嫌いは珍しくありませんので、タバコのニオイをそのままにしていると嫌がられてしまうのです。そのため、喫煙習慣のある女性は必ずラブホテルへ移動する前にニオイケアをする必要があります。多くのデリヘルでは待機部屋にマウスウォッシュや消臭スプレーを用意していますので、それらでケアをしてからラブホテルへ移動しましょう。

そのほかに確認したいのは鍵付きロッカーでしょう。いくら個室待機だったとしても、荷物をそのままにして仕事に出ることは危険です。ですが、鍵付きロッカーがあれば安心出来ます。鍵付きロッカーが無かったとしてもスタッフが荷物を預かってくれる場合もあります。

≪関連サイト≫風俗求人サイト⇒熟女家(十三店)

Pocket

デリヘルはプレイルームが無いためお客さん1人でラブホテルにチェックインをして、そこに女性が移動してプレイを行います。そのため、デリヘルで指名を待つ女性はお店の用意した待機部屋で待機をしていなければなりません。よほどの売れっ子であれば別ですが、多くの女性は多くの時間を待機部屋で過ごすため、待機部屋の環境は非常に重要なのです。

これまでの待機部屋は集団待機と呼ばれるもので、出勤している女性の全員が広い部屋で待機をするものでした。しかし、集団待機は周囲の女性に気を遣わなければならないため、それに馴染めない女性も多かったのです。中には待機部屋の雰囲気が苦手で辞めてしまう女性も見られました。そのため、現在は個室待機が主流となっています。

個室待機とは女性ひとりひとりに個室が与えられており、その個室内で待機をするシステムです。この個室とはカーテンやパーティションで仕切られたもので、ネットカフェのブースに近いものでしょう。このブース内にはテレビなどが用意されており、退屈することはありません。また、デリヘルは体力勝負であることから、ブース内で仮眠をとることも出来ます。こういった快適さや利便性から個室待機が人気となり、主流になったのです。

Pocket

風俗求人サイトや風俗求人雑誌には数多くの求人が出されていますが、中でも特に多いのはデリヘルの求人でしょう。デリヘルは全国的に増加傾向にあることから、求人も増加しているのです。しかし、未経験者はどのようなポイントに注意して求人に応募をしたら良いのでしょうか。

ひとつのポイントとなるのは福利厚生でしょう。どのようなデリヘルも常に人手不足となっているので、少しでも多くの女性に働いてもらうために福利厚生を用意しているのです。代表的な福利厚生はエステサロンとの提携でしょう。ダイエットや脱毛のためにエステサロンの利用を検討している女性は少なくないと思いますが、施術費用は決して安いものではありません。しかし、エステサロンと提携しているデリヘルであれば、割引料金で施術が受けることができるのです。さらに、美容院やネイルサロンと提携しているデリヘルも多く、割引料金でカットやネイルをしてもらえるのです。

エステサロンを利用することで女性はより美しく変身出来ますが、これは女性のためだけではありません。これによってお店の女性全体の魅力がアップするため、お店の集客力アップに繋がるのです。そのため、多少お金がかかったとしてもデリヘルは積極的に提携をしています。

また、そのほかに注意したいポイントは待機部屋でしょう。デリヘルには待機部屋が必ずありますので、その環境は非常に重要なのです。そのため、こちらではデリヘルの待機部屋について解説いたします

Pocket