分煙されているかどうか

いくら個室待機だったとしてもネットカフェのブースのようなものなので、完全な個室ではありません。そのため、タバコについて考えなければならないのです。多くのデリヘルでは喫煙個室と禁煙個室を分けており、お互いが快適に過ごせるようになっています。さらに、個室が別れていなかったとしても、ベランダが喫煙所になっている場合も少なくありません。そのため、待機部屋が分煙されているかどうか、面接の段階で確認をしておきましょう。

また、喫煙者はタバコのニオイに注意してください。お客さんの中にタバコ嫌いは珍しくありませんので、タバコのニオイをそのままにしていると嫌がられてしまうのです。そのため、喫煙習慣のある女性は必ずラブホテルへ移動する前にニオイケアをする必要があります。多くのデリヘルでは待機部屋にマウスウォッシュや消臭スプレーを用意していますので、それらでケアをしてからラブホテルへ移動しましょう。

そのほかに確認したいのは鍵付きロッカーでしょう。いくら個室待機だったとしても、荷物をそのままにして仕事に出ることは危険です。ですが、鍵付きロッカーがあれば安心出来ます。鍵付きロッカーが無かったとしてもスタッフが荷物を預かってくれる場合もあります。

 

Pocket

Comments are closed.